Home » ネット誹謗中傷の止めさせる!警告を出す事の重要性

ネット誹謗中傷の止めさせる!警告を出す事の重要性

軽い悪口でも警告を出してもらえます

ネットの誹謗中傷に悩まされているけれど、どれぐらい酷い誹謗中傷であれば対処をするべきなのか、分からなくて困っている人も少なくありません。実際には軽い悪口であっても、本人が気になるようであれば対処をしてもらえる事が多いです。掲示板のログなどをプロバイダーに提出して、その誹謗中傷を行った相手に警告をしてもらうだけで、悪口を書き込むのを止めてもらえる可能性もありますよ。その手続きが面倒に感じたら、ネット誹謗中傷対策の業者を頼りましょう。

相手を訴えるべきか迷ったら相談をしましょう

プロバイダーから警告を出してもらうだけでは済まないぐらい、酷い誹謗中傷を受けてしまった時には、誹謗中傷対策の業者に相談を持ちかけましょう。実際に裁判になった際に、どれぐらいの慰謝料を請求できるのか、過去の事例などを含めて検討をしてもらえます。その慰謝料の金額があまりにも低いようであれば、訴訟を中止するといった考えに変える事も可能です。いきなり訴訟を起こしても、どれぐらいの費用が必要になるのか分からないので、まずは相談をするようにしてくださいね。

訴訟の結果を皆さんに伝える事で誹謗中傷を減らす

掲示板などに誹謗中傷を書かれてしまい、それが原因で心身的にダメージを負ってしまい、裁判まで発展したのであれば裁判の結果も伝えるようにしましょう。相手からどれぐらいの慰謝料を受け取ったのか、その裁判の結果が皆さんに伝わる事によって、更なる誹謗中傷を減らす効果が得られます。悪口を書き込むだけでも、裁判になってしまう可能性があると分かる人が増えれば、インターネット上の誹謗中傷を減らす事は可能だと希望を持ちましょう。

検索キーワードの入力を助けるサジェスト機能ですが、そのサジェスト対策をすることで、はっきりと、検索エンジンのトップに意図したキーワードを表示させられるところが魅力です。

Comments are closed.