Home » ネットでの誹謗中傷対策

ネットでの誹謗中傷対策

誹謗中傷された時の対応

パソコンの利用者が増加するにつれて、ネットでの誹謗中傷による被害や相談も増え年々深刻な問題になっています。ネット上では顔がみえないからといって、攻撃的な内容で相手を怒らせて挑発したり刺激するということもよく見受けられます。突然自分がネット上で誹謗中傷を受けている事に気付いた時はものすごく傷付きショックを受けると思います。このようにネットで中傷を受けた時に自分はどのような行動を起こせば良いのか誹謗中傷対策についての方法があります。

ネットでの誹謗中傷は罪になる

ネットで個人について分かるような悪質な誹謗中傷の被害にあった時は、警察へ通報し被害届けを出すことができます。ネットの誹謗中傷を警察に通報する時は、各都道府県にあるサイバー犯罪相談窓口か警察署でも直接相談出来ます。ネットでの中傷で代表されるのは名誉棄損と侮辱罪で、中でも名誉棄損が一番多くこれは間違いなく犯罪となります。実際に名誉棄損で起訴される事件も多くあり当然刑罰も下ります。あなたが誹謗中傷を受けた時警察に通報し、相談することで力になってくれます。

相談する時に必ず必要なもの

ネット上で誹謗中傷を受けた時は、今まで自分が受けた中傷の内容を保存・印刷し、アドレスを記録しておくことが大事です。これを持参することより、あなたの被害状況が分かりますので警察も内容を把握しやすくなります。被害届けを警察に出す時も被害内容が曖昧なら、受理されない場合もあるのでしっかりと記録・保存しておきましょう。警察に被害届を出す事で受理された時は、掲示板の管理人に発信者の情報を開示することも可能になります

ビジネスを成功させる為には誹謗中傷対策が欠かせません。評判を落としてしまってはいけないので、しっかりと対策しておきましょう。

Comments are closed.