Home » 意外と難しい!?新入社員が研修で学ぶ社会人として当たり前のこと!

意外と難しい!?新入社員が研修で学ぶ社会人として当たり前のこと!

新入社員でも会社の顔になる

新入社員が入った企業では入社時には研修をおこなうところが多いです。それまで学生であった人が社会人としてデビューするために、必要な社会人としてのマナーを教えることは企業としては必要なことです。新入社員であっても、企業の冠を持った社員であれば、お客様からすると同じ社員であるために、新入社員の言動や振舞いがその企業に対する評価となります。そのために企業としては、数日間は研修をさせて基本的なことを覚えさせます。

来客対応でさえ難しい

主な研修内容としては、挨拶や電話の取り次ぎがあります。基本的には受付の対応になりますが、お客様が来た時の対応として、挨拶の仕方や笑顔、また名刺の受け取り方や、自分の会社の上司が不在の際の対応等、場面を考えると様々です。それぞれの場面において必要な内容を自ら声に出して、また動作を通しておこなうことになります。基本的なことを教えてもらったら、それぞれの配属先で何度も繰り返し経験して身につけていくことになります。

身近なメール対応にも決まりがある

また今では社員一人に一台のパソコンがあたえられる時代で、社外の人とのやりとりもメールでおこなわれることが多いです。SNSの進化でメール等が簡単と考えている学生も多いですが、メールひとつにしても社会人としてやりとりをする上で必要な記載項目があったり、用語があったりします。拝啓という言葉と対応するのが敬具であったり、また記の後は以上でしめくくったりと決まりがあります。これらも基本的なことを覚えたり、また基本文例を覚えて、現場で活用したり応用して経験を積むことになります。

社員研修は、企業が教育を社員にするという機会になります。だいたい、その期間中はその社員は普段より不自由をしいられます。

Comments are closed.