Home » 安全にネットをするために欠かせないネットワーク監視

安全にネットをするために欠かせないネットワーク監視

ネットワーク監視ってなに?

ネットワーク監視とはコンピュータネットワークに異常がないか監視することを意味します。コンピューターネットワークは外部から攻撃されることがあります。さらに内部に侵入されて情報を盗まれるおそれもあります。従って常時監視する必要があるのです。また、ネットワーク機器に異常がないかといった点も監視の対象に含まれます。現在使っているインターネットが使えるのもネットワーク監視システムが正常に働いているお陰です。ネットワーク監視は縁の下の力持ち的存在と言えるかもしれませんね。

ネットワーク監視ソフト

事務所や会社内のローカルなネットワークを監視したいときはネットワーク監視ソフトが便利です。外部からの攻撃やネットワーク機器の設定など様々な項目を常時監視することができます。一度ネットワークがダウンすると復旧させるのはかなり手間がかかります。設定をもう一度やり直さなければいけない場合もあります。ネットワーク監視ソフトの利用方法はそれほど難しくないので円滑にネットワークを作動させたいと考えている場合は導入すると良いかもしれませんね。

ネットワーク監視のお仕事

ネットワーク監視ソフトは便利ですが万全ではありません。最終的には人の目が必要になります。このため、大規模なネットワークの場合は専門の監視スタッフがいることが多いです。監視スタッフは24時間ネットワークを見守っています。地味ですが企業の活動を支える大切なお仕事です。ちなみに監視は大事なのですがあまり細かくしすぎるとネットワークに負荷がかかってしまいます。こうなるとかえってネットワークを使いにくくなります。監視担当のスタッフは使いやすさと安全のバランスを考えながら監視にあたっています。

コンフィグ管理の意味は、コンフィグとはコンフィグレーション(configuration)の略語の事で、意味は設定の意味を成し、コンピューターやサーバーの設定管理の事を言います。

Comments are closed.